住宅ローン,審査

住宅ローンを利用する目的

住宅ローンとは、住宅を取得するために利用できるローンのことをさします。 住宅取得以外の目的に利用することはできません。 つまり、借り換え以外の目的で途中から住宅ローンを借り入れすることはできないわけです。 住宅ローンは通常、自分が住むための住宅の購入、建築のための資金をはじめ、自分が住むための住宅の増改築資金、住宅ローンの借換え資金、住宅購入のための諸費用などで利用します。 基本的に、本人が住むためのものです。 しかし、両親が住むための家、セカンドハウスでも利用できる場合があります。 金融機関によってその住宅ローンの利用、取扱いが違います。 要するに、本人もしくは家族が住む住宅を購入するためのローンです。 土地だけの購入、賃貸用住宅の購入には利用できません。 ただし、特例もあります。 注文住宅を建てる場合、先に土地の購入をするのなら、住宅ローンが利用できます。 その際、通常6か月以内に住宅を建築するという誓約書を入れるなど住宅を建築することが条件です。