住宅ローン,審査

金利が動く仕組みとは

住宅ローンにおける金利の仕組みは、為替や物価、経済などのいろんな環境と密接に関係しています。 専門家ですら、金利相場を読むのは困難と言われています。 しかし、もし住宅ローンを利用するなら、金利の動きに対する最低限の知識は必要です。 住宅ローンの金利には、金融機関が住宅ローンの金利を決めるにあたり、基準になる金利があります。 金融機関や取り扱う商品によって異なっていてあらかじめ説明がなされているはずです。 金融機関は、それぞれ基準にしている金利にコストや利益などの「+α」をつけ、住宅ローンの金利を決定します。 住宅ローンの基準となる金利は主に3つ、財政投融資貸付金利、長期プライムレート、短期プライムレートです。 財政投融資貸付金利は、略して財投金利という言い方で知られています。 公共事業を行なう際、国がお金を融資する時に付ける金利が財政投融資貸付金利です。 またプライムレートは「お金を貸す時の最良金利」のことをさします。