住宅ローン,審査

住宅ローンの金利は市場の影響を受ける

住宅ローンの金利は、上がったり下がったりします。 その金利の動きで基準にしている「財政投融資貸付金利」、「長期プライムレート」m「短期プライムレート」が動いているからにほかなりません。 この基準、どうして動くのでしょうか。 実は上記3つにはさらに基準にしている指標があります。 その変動が影響するためだからです。 つまり、金利の動きは市場で決まります。 まず、公的ローンの場合、「財投金利」は長期国債の流通利回りの影響をうけます。 たとえば、住宅金融公庫融資、年金や財形がこれに当たります。 そして、民間ローンの場合はというと、まず「長期プライムレート」は利付き金融債の流通利回りです。 信託銀行などの長プラ連動型の住宅ローンが影響をうけます。 さらに「短期プライムレート」が影響を受けるのは、公定歩合・短期金融市場の取引になります。 都市銀行や地方銀行で主力商品の短プラ連動型の住宅ローンがよく変動するのはこれらの影響のせいというわけです。