住宅ローン,審査

住宅ローンで保証人は必要か

マイホームの購入に欠かせないのが住宅ローンです。 では、住宅ローンには保証人が必要なのでしょうか。 しかし一方で、住宅ローンはある意味で「借金」なので、保証人に対するイメージがあまりよくないのも事実です。 たとえば住宅ローンでの保証人は、民法に載っています。 「主たる債務者がその債務を履行しない場合にその履行をなす債務を負う者をいう」とのことです。 要するに、お金を借りた債務者がもしお金を返さなければ保証人が代わってお金を返す義務があるわけです。 住宅ローンは通常、数千万円の借入れになります。 ので、保証人は確実に必要といえます。 また、金融機関では、返済能力のある保証人でなければ意味がありません。 一般的に、住宅ローンを借入れする場合、保証会社の保証をつけます。 これが保証人の必定条件を満たすわけです。 もし住宅ローン借入れ要件に「所定の保証会社の保証を得られること」とあれば、家族や親戚で保証人になってくれる人がいても保証会社の保証が必要です。 ただし最近、保証人不要の住宅ローンも増えています。 たとえば「フラット35」 で、ほかにも新生銀行やソニー銀行なども保証人が要りません。