住宅ローン,審査

住宅ローンでかかる保証会社への費用

もし、住宅ローンで借入れる際、保証会社に保証してもらう場合、費用がかかります。 たしかに保証会社に保証をしてもらうと、知り合いにわざわざ頭を下げてお願いするという重荷はなくなります。 しかしその代わり保証料がかかるわけです。 保険会社への費用は、一般的にたとえば、借入期間が20年であれば1,000万円あたり約15万円といわれています。 また、借入期間35年であれば約20万円で、3,000万円を35年返済で借入れをすれば約60万円になります。 この数字は、住宅ローンを借りる際、諸費用の中ではかなりのウェイトを占めてきます。 また当初、一括で支払う上記の方法以外で、金利に0.2%などの一定の金利を上乗せして保証会社に支払う方法もあります。 総支払額で比べると、当初一括払いにした方が少なくなります。 一方で、一括払い分を住宅購入の頭金に回すと、その分、借入金を少なくすることも可能です。 ただし、保証が必要のない住宅ローンだと保証料は要りません。 この保証会社への費用、保証料が必要かどうかで諸費用は大きく異なってきます。