住宅ローン,審査

住宅ローンの借り入れ条件

誰もが住宅ローンを借り入れできません。 たとえば、住宅ローンを利用する条件として、健康状態も借り入れに影響することがあります。 とある金融機関の住宅ローンの利用条件として、.借入時の年齢が満20歳以上満65歳以下で最終返済時の年齢が満80歳以下、前年度税込年収が200万円以上、.現在の勤め先に3年以上勤務している(自営業の場合は3年以上の事業実績)、.団体信用生命保険に加入できるなどがあります。 年収は明記していない、下限を定めていない金融機関もありますが、原則的に安定した収入必要です。 専業主婦や定職についていない場合、住宅ローンの借り入れできません。 また、勤続年数も明記しない金融機関が多いです。 というのも最近、転職が多いので、金融機関によって勤続年数が短くても借り入れできます。 そして、年金だけの収入での借り入れはできませんし、会社員の場合は正社員でないと借入れは難しいのが現状です。 さらに、「団体信用生命保険に加入できること」という条件、要するに生命保険に加入できるかということです。 つまり健康かどうかの目安です。