住宅ローン,審査

住宅ローンが返済できなくなってしまった場合の保証

万が一、住宅ローンが返済できなくなってしまうとどうなってしまうのでしょうか。 まず、住宅ローンで保証会社の保証がある場合です。 返済が長く滞った場合、保証会社が銀行に対して、ローンの残高を債務者に代わって弁済、要するに一時的に返済します。 保証会社による弁済によって銀行から借入れしているローンはいったんなくなります。 しかしその後、保証会社に債務が残ってしまいます。 保証をしてもらうと、返済できなくなった場合、保証会社が代わって弁済してくれて借入金はなくなると誤解しがちです。 実際には、保証会社に残りの住宅ローンを返済していきます。 要するに、保証会社の保証が必要な場合であっても、保証人不要の場合あっても同じで、借入した人の債務は完済まで残ります。 もし、夫婦で住宅ローンを組んだ場合など、連帯保証、連帯債務などの形をとることがあります。 ただし、借入れした当人の範囲内です。 住宅ローンの場合、まったく第三者が保証人として求められるのは、特別な事情をのぞいてほとんどありません。 保証会社の保証があっても住宅ローンの完済まで本人が支払わなければいけません。