住宅ローン,審査

住宅ローンの変動金利が持つリスク

住宅ローンでの変動金利は、金利の低さから人気の金利タイプです。 でも、変動金利型住宅ローンが特っている独自のルールがあります。 しっかり理解しておかないと、思わぬリスクにさらされてしまうことがあります。 一般的な住宅とーンの変動金利型の特徴は、金利は半年に1度見直される、返済額は5年間変わらない、返済額見直しの際、増えても1.25倍までの3つです。 まず、返済額が5年間変わらないことで5年間は安心感を持てます。 そして、返済額が増えても1.25倍までというルールもあり、大幅なアップはありません。 でも、金利は半年ごとに見直されるのが要注意。 金利が上がると利息の支払い分が増えます。 ので、元金が減っていくスピードが遅くなるからです。 もし、金利が大幅に上昇した場合、利息分だけで返済額以上になってしまうことも。 これを「未払い利息」といい、未払い利息が発生するリスクが変動金利型にはあります。 住宅ローンの返済額が5年間増えない、その後に万が一増えても大幅にアップしないと安心してばかりではいけません。