住宅ローン,審査

住宅ローンの頭金で必要な金額

住宅ローンの頭金では、一般的に「頭金は2割を目標に」といわれます。 実際、購入価額の全額を借入れすることも可能です。 そもそも、住宅ローンの頭金は、契約時に支払う手付金だけでなく、住宅購入の際に支払う自己資金部分のことを指すのが一般的です しかし住宅購入には、住宅ローンを借入れするための費用、登記のための費用などの諸費用もかかります。 これは物件価額とは別に支払うものです。 この諸費用と物件価額に入れる金額の合計が必要な自己資金になります。 要するに、頭金は自己資金の一部です。 頭金が多いといいと言われます。 もし頭金が多ければ、その分住宅ローンの借入額を減らせるからです。 同じ3,500万円の物件を購入する場合、頭金の金額の多少により総支払額は大きく異なります。 たとえば頭金なしと2割の700万円の準備ができた場合、431万円もの差が生じます。 物件価額の1割を大きく超える金額です。 同じものを購入する場合でも、頭金の多少によって実際の価額が違ってきます。