住宅ローン,審査

初めに金利が決まる全期間固定金利型

住宅ローンには、おおまかに3つの金利タイプがあります。 全期間固定金利型、固定金利期間選択型、さらに変動金利型です。 それぞれに特徴や活用方法が大きく違います。 まず、全期間固定金利型は、最初から金利が決まっている住宅ローンの金利タイプです。 この全期間固定金利型は、そのまま文字通りで、借り入れから完済までの間、全期間の金利が固定されている金利タイプのことです。 全期間の金利が一定なのはもちろんのこと、一部で「フラット35」のような途中で金利が変わるタイプもあります。 そして、元利均等返済の場合は、毎回の返済額は一定です。 当初は利息額が多く、次第に利息額は減っていきます。 借り入れ後に市場金利が変化しても住宅ローンの返済額に影響を受けません。 そのため、家計の管理がしやすいのが特徴です。 また、総額の上限もわかり、毎月の家計管理、老後生活資金、生涯資産管理もしやすいタイプです。 さらに子供が小さくて今後の教育費などの出費が多くなって返済額がアップすると住宅ローンの返済が厳しいという予想なら、全期間固定金利型がピッタリです。