住宅ローン,審査

ローンの申し込みや審査に通るか否か

住宅ローンは申し込みをしてから審査があり、誰でも借入れできるわけではありません。 いろいろと審査の基準があります。 住宅ローンの審査項目は多岐にわたっていいて総合的に判断されます。 申し込みをした人の属性と、担保となる不動産の質や価値がメインです。 申し込みをした本人のチェック項目では、個人の信用情報、勤務先や勤務年数、健康状態、年収(所得金額)などが上げられます。 まず、個人信用情報は、クレジットカードを作ったり借入れをしたりした記録です。 銀行は、住宅ローンの申し込みがあった場合にこの情報を確認します。 万が一、過去に延滞した場合、5年ほど記録が残っていて住宅ローンの借入れすることは難しくなるかも。 また、他の借入れ、ショッピングローンやリボ払い、キャッシングなども影響します。 可能であれば、他の借入れはなるべく完済しておくほうが無難です。 勤続年数は収入額の安定性で問われます。 通常。勤続3年以上が目安です。 勤務先も重要で、大企業であれば収入の安定性は高いと評価されますが、中小企業勤務の場合、審査はやや厳しくなります。 自営業の人も、事業の継続年数3年以上が目安で、過去3年間の所得が審査の対象となります。 健康状態は、住宅ローンを借入れするために団信に加入できること、つまり生命保険に加入できる健康状態であることが必要です。