住宅ローン,審査

当初に金利が固定される固定金利期間選択型

住宅ローンの金利には、おおまかに3つのタイプに分類できます。 その1つ、住宅ローンを始めた当初、金利が固定されるタイプを固定金利期間選択型といいます。 この固定金利期間選択型は、当初の定められた期間の金利は固定されます。 そして、その期間が終了すると、その時点での金利でもう一度返済額が見直されるタイプです。 もし、固定金利選択型を選び続けた場合、金利が上がると返済額も上がるというわけです。 この当初の固定期間は、2年、3年、5年、10年、15年などから自ら選ぶことができます。 そして。金融機関によって固定期間の種類は違います。 また、固定金利期間終了後、変動金利型や固定金利選択型をもう一度選ぶことも可能です。 ただしその際、見直し時の金利や返済額の上昇についての上限は通常、設定されていません。 もし大幅に金利が上昇してしまったら、返済額も増えてしまいます。 たとえば今、教育費がかかるために返済額を抑えたい、でも数年後には余裕ができて金利上昇にも対応できる人に向いている住宅ローンの金利タイプです。