住宅ローン,審査

半年ごとに金利を見直す変動金利型

住宅ローンを選ぶ時、最も重要な項目の1つが、金利タイプの選択です。 選ぶ金利のタイプによって適用される金利、将来の金利への影響も違います。 この中で、半年ごとに金利が見直されるのが変動金利型です。 変動金利型は通常、金利が1年に2回見直されます。 そのため金利変動の影響をモロに受けるのが特徴です。 そして、金利は半年に一度見直されるものの、返済額の改定は5年ごとになり、改定後の返済額が1.25倍以内というルールも存在します。 もし5年ルールの場合、5年間の返済額は変わりません。 しかし半年ごとに金利は見直されるので、金利が高くなると元金返済にほとんど回らなくなってしまうこともあります。 要するに、毎回の返済額が5年間変わらない一方、半年ごとに金利が見直されて金利上昇幅が大きいと返済額のほとんどを利息が占めてしまいます。 そして、元本がなかなか減らない状況になりかねません。 しかも、利息額だけで毎月返済額を上回ってしまうと未払利息が生じるリスクもあります。 もし、金利の上昇幅が大きいなら繰り上げ返済するなど早めに元金を減らすことが大事です。 収入に比べて借り入れ額が少なかったり、共働きで家計に余裕があったりする人に向いているかもしれません。