住宅ローン,審査

住宅ローンの返済方法

住宅ローンを返済する方法もとても重要です。 まず、返済方法を選ぶ際、損得よりも安全を優先するのが大事です。 住宅ローンの返済期間は通常最長35年です。 そして金融機関によっては満75歳まで。満80歳までに完済という年齢制限もあります。 また、返済年数の違いは毎回の返済額と総返済額にも影響します。 返済年数が短いほど毎月返済額は多くなりますが、総返済額は少なくなります 毎月返済額に無理がなければ返済年数は短いほうがお得です。 ただ、将来も無理のない返済額かどうかも重要です。 たとえば教育費が増えたり、妻が仕事を辞めたり、独立したり転職したりで支出が増え、収入が減った場合、返済を続けるにはある程度の余裕も必要になります。 住宅ローンは原則、当初設定した返済期間を途中で延ばすことはできません。 リスク対策としては、返済期間を長めに設定して余裕がある分を繰り上げ返済するなどで期間を縮めていくほうがいいでしょう。 収入があるうちに、完済できる年数とのバランスを考えることが大事です。