住宅ローン,審査

元利均等返済と元金均等返済

住宅ローンで、もし元利均等返済なら金利が変わらなければ返済額は一定です。 ただし、元金部分と利息部分の内訳が回によって異なります。 当初は利息部分が多くて元金部分が少ないので、元金均等返済よりも元金の減り方は遅いです。 金利が変わらない限り、毎回の返済額が一定なので、返済計画が立てやすい特徴があります。 そして、住宅ローンで元金均等返済の場合、毎回少しずつ返済額が減っていきます。 元金均等返済は、毎回支払う元金部分が均等になる返済方法です。 毎回の返済額は元金部分に残高に対する利息額を上乗せして支払っていきます。 残高が減るにつれて利息額も減っていくので、当初の返済額が一番多く将来の返済額は少なくなります。 元利均等返済と比べると、当初の支払額の負担が重いものの元金部分の減り方は早いです。 もし、総返済額を抑えたい場合、元利均等返済で毎月返済額を少なくしておいて、余裕がある分を繰り上げ返済することも可能です。 住宅ローンは、目先の損得にとらわれることなく安全策を取るには、元利均等返済の方が安心度は高いといえます。